あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

中小企業・個人事業主の皆様へ

はじめに

事務所は、地域経済の担い手である中小企業、自営業者の皆さんの営業と納税者の権利を守ることを活動の柱の1つとしています。どのような経営上の問題についても解決のため全力を尽くしたいと思います。どうかお気軽に事務所までご相談ください。

相談事例

契約交渉・契約書のチェック

これから新たな取引先との契約をしようと思っていますが、契約書を作成したほうがよいでしょうか?

契約書の案が取引先から送られてきましたが、この契約書に不備はありませんか?

債権回収

取引先の資金繰りが悪化しているようで、支払いがたびたび遅れています。早い段階で手を打っておきたいと思いますが、どのような方法が考えられるでしょうか?

顧客とのトラブル

顧客からクレームをつけられています。こちらには非はないように思いますが、悪いうわさを立てられても困ります。どうしたらいいでしょうか?

従業員をめぐる問題

事業拡大をするために従業員を雇い入れようと思いますが、雇用契約や就業規則など、どのような点に注意したらよいでしょうか?

従業員間でセクシャルハラスメントが起こっているようです。どのように対処していったらいいでしょうか?

元従業員が、同じ地域で同業他社を立ち上げようとしています。それに対して何かいえないでしょうか?

債務整理・事業再生

事業資金の為に代表者個人で借り入れた消費者金融への返済が資金繰りを圧迫しています。返済を軽くする方法はないでしょうか?

事業承継

一緒に事業をしてきた三男に事業を継がせたいと思うのですが、店舗や倉庫は私名義になっています。相続でもめないように事業を承継させるにはどうしたらよいでしょうか?

賃貸借をめぐるトラブル

アパートの賃貸をしていますが、賃料未払いがたまっている借り主がいます。どのような場合に出ていってもらえるでしょうか?

土地を貸借して、そこに倉庫を建設して利用しています。先代の地主さんが亡くなり、相続した息子さんから土地を更地にして明け渡すよう求められて困っています。

フランチャイズをめぐる問題

フランチャイズで小売業を営んでいます。開店前に、本部から説明がなされたような売り上げは全く上がらず、経営が悪化しています。

ご相談のお申込みについて

電話でのお申込み

相談は、お電話でお気軽にお申込みください。

ご相談受付専用電話(フリーダイヤル) : 0120-454-489


電話受付時間

月 ~ 金曜日9:00 ~ 18:30
土曜日9:00 ~ 14:30 ( 但し、第2・第4土曜日は休み)

具体例 Q&A

契約交渉・契約書のチェック

公共工事で下請業者が行う追加工事代金弁護士 森川 明
追加変更工事代金を支払ってもらえない弁護士 荒川 英幸

債権回収

時効だと言われた時の対応弁護士 藤澤 眞美
債権の差押え弁護士 渡辺 輝人
元請業者に対する債権回収弁護士 渡辺 輝人
請負契約の注文者の破産弁護士 森川 明

従業員をめぐる問題

従業員のミスによる損害は誰が負担するのか弁護士 荒川 英幸
従業員の残業代計算弁護士 大河原 壽貴

事業承継

「中小企業経営承継円滑化法」ができました。弁護士 大河原 壽貴

賃貸借をめぐるトラブル

賃貸アパートの賃借人に立ち退きを求めたい弁護士 大河原 壽貴
賃借事務所のエアコンの修理費用の負担は?家主か借主か弁護士 飯田 昭
ビルテナントの賃貸借契約と看板設置弁護士 藤井 豊
雨漏りのする借店舗を修繕する際の注意点!弁護士 森川 明

フランチャイズをめぐる問題

フランチャイズ本部の圧力に負けず、店を守る弁護士 荒川 英幸

その他

個人情報保護法弁護士 大河原 壽貴
家屋解体による養生工事の責任は?弁護士 森川 明
インターネット上での誹謗中傷弁護士 大河原 壽貴
クレーン事故の責任の分担は?弁護士 荒川 英幸