あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

弁護士費用(弁護士報酬) 交通事故の着手金事例

あなたの加入している保険に弁護士保険は付置されていませんか?

Aさん 「弁護士保険はついています」

一般に、自分で交渉するよりも、弁護士に依頼した方が、示談にしろ、裁判にしろ、解決水準は大幅に高くなります。しかも、弁護士保険に加入されている場合、自分で弁護士費用を支払う必要はありませんから(弁護士費用の限度額は300万円までの場合が多いですが、通常の交通事故ではこの範囲です)、交渉や自賠責請求も含めて、弁護士に依頼して進められることをお勧めします。

この場合、着手金、報酬、実費の請求も弁護士から加入保険会社に行います。

まずは、ご相談にお越し下さい(相談料も含め加入保険会社に請求いたします)。

Bさん 「弁護士保険は入っていません。弁護士に依頼すると費用が高くつくのでは?」、「お金もあまりありません。」

報酬基準は「通常事件の標準」の通りですが、交通事故等の損害賠償請求の場合、示談段階では着手金を低額にして(例えば5万~10万円程度+消費税)、報酬で調整することや、事案によっては、自賠責の支払が出た段階で着手金を清算することも可能です。

弁護士がつけば示談段階で依頼者の期待する程度の成果が得られ、解決できる可能性があります。まずは、ご相談にお越し下さい(相談料は3千円+消費税です)。