あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

コラム:交通事故と保険会社の弁護士費用特約

コラム:交通事故と保険会社の弁護士費用特約

交通事故のご依頼に際して弁護士費用特約を利用される方が増えています。自動車の任意保険などの契約者やそのご家族が交通事故被害に遭われたときに、その保険に特約が付いていれば、加害者に損害賠償請求等を行う場合に生じる弁護士費用、法律相談料を支払ってもらえるのが弁護士費用特約です。

弁護士費用特約利用の一例としては、軽微な物損被害を受けたけれども加害者側が不誠実できちんと賠償に応じてくれないために弁護士に依頼をしようとする場面があります。例えば被害額が10万円程度の場合、従来であれば弁護士費用の額が被害額を超えてしまい、費用対効果を考えると弁護士に依頼するのをためらわれることがありました。しかし、弁護士費用特約を利用できれば、弁護士費用が保険金より支払われるため、弁護士に依頼するハードルが低くなりました。実際に弁護士費用特約を利用して速やかに受任して裁判したところ、加害者の態度が変わり、当方の主張する被害全額の賠償が実現しました。

また、別の利用例としては、重篤な後遺障害が発生したために弁護士に訴訟依頼をしたいが、請求する損害賠償額が多額となり高額な着手金が発生してしまう場面があります。従来であれば、事故にあって減収が生じているところに高額の弁護士費用を支払わなければならないということで依頼に困難を生じることがありましたが、弁護士費用特約を利用することによって、通例であれば300万円まで着手金・実費の支払いが可能となります。後遺障害の残存が疑われるのに非該当認定を受けたという方から、弁護士費用特約を利用し依頼を受け、後遺障害等級認定に対する異議申立を行ったところ14級の認定が得られ、それに続く訴訟の中で400万円程の和解解決が実現したケースがありました。

交通事故被害に遭われた場合、お早めに当事務所にご相談されると同時に、加入されている自動車保険等の弁護士費用特約の有無について確認されることをおすすめします。

「京都第一」2014年新春号