あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

法律Q&A

Q&A一覧

借地・借家・マンション問題

  1. 家を借りるときの「敷金」「保証金」「権利金」とは何ですか?
  2. 借地借家に適用される法律にはどんなものがありますか?
  3. 借地は、どれくらいの期間存続させることができますか?
  4. 賃貸借契約更新のとき、家主から求められた更新料は支払わなければなりませんか?
  5. 賃料を増額または減額したい。賃料の額はどのように決めればよいですか?
  6. 賃貸人が家賃の増額を要求し、従来の金額では家賃を受け取りません。どうすれば…?
  7. 台風で借家の一部が壊れてしまいました。修繕義務は誰にありますか?
  8. 家主が一向に借家の修繕をしてくれません。どうすればよいでしょうか?
  9. 借家の所有者が変わった場合、賃貸借契約はどうなるのでしょうか?
  10. 賃借人である内縁の夫が死亡しました。契約を引き継ぐことはできますか?
  11. 借家人からの借家契約の解約は、どのような場合に行うことができますか?
  12. 借家人は、どんな場合に契約の解除や明け渡しを求められるのでしょうか?
  13. 家主側の都合で契約を解約することができるのは、どのような場合ですか?
  14. 建物が古くなり倒れてしまいました。賃貸借契約はどうなるのでしょうか?
  15. 家主の同意を得て畳を新調しました。契約終了時に買い取ってもらえますか?
  16. 「原状回復費用は賃借人の負担」の契約で、契約終了時、敷金は返してもらえますか?
  17. 「契約終了の際、敷金30万円から25万円を差引いて返還」という契約書の場合は?
  18. 「定期借地権」とはなんですか?
  19. 「定期借家制度」とはどのような制度ですか?
  20. 「定期借家契約」となるのは、どんな場合ですか?
  21. 管理組合の理事長に選出されました。マンションには、どんな法律問題がありますか?
  22. 管理費や修繕積立金を支払ってくれない区分所有者がいます。どうすればいいですか?
  23. 管理規約でペット禁止なのに、犬を飼っている入居者がいます。どうすればいいですか?
  24. 管理規約に一部の区分所有者に極めて有利な箇所が。何とかならないでしょうか?
  25. マンションの隣に、より高層のマンション建設計画が。止める手段はありませんか?
  26. 一部に反対している入居者がいる場合でも、マンションの建替えはできますか?
  27. マンションにおけるトラブルの予防と解決のために、どのようなサポートが有効ですか?

不動産取引・建築問題

  1. 土地や建物を購入するとき、事前にどんなことを調べておけばよいでしょうか?
  2. 土地・建物を売却するとき、事前にしなければならないことはありますか?
  3. 隣地との境界(筆界)が不明確です。境界を確認するにはどのような方法がありますか?
  4. 売買を不動産業者を通じて行う場合、どのよう業者を選べばよいでしょうか?
  5. 不動産の価格は、どのような方法で知ることができますか?
  6. 住宅ローンを利用する場合、どんなことに注意したらよいでしょうか?
  7. 売買契約書を交わす際、どのような点に注意すべきですか?
  8. 不動産登記には、どれくらいの費用がかかりますか?
  9. 売買契約は、どのようなときに解除できますか?
  10. 不動産登記法が改正され、権利証(登記済証)がなくなったと聞きましたが…?
  11. 建築工事の請負契約をするとき、どのような点に注意すべきですか?
  12. 追加工事をしてもらう場合、何を注意すべきですか?
  13. 業者が長期間工事をしてくれないとき、どうしたらいいですか?
  14. 騒音・振動・地盤沈下・建物損傷など工事による第三者への損害は、注文者にも責任が?
  15. 請負契約で建築した住宅が欠陥建築でした。どのような法的手段がありますか?
  16. 欠陥(瑕疵)の有無はどのように判断するのですか?
  17. 業者の責任は、いつまで追及することができますか?
  18. 売買契約で購入した建売住宅の場合も欠陥建築の責任を追及できますか?
  19. 欠陥(瑕疵)の責任を追及したい建築(販売)業者が倒産。何か方法はないでしょうか?

近隣・マンション建築問題

  1. 隣のエアコンの室外機の音がうるさい。何とかならないでしょうか?
  2. 近くの建築工事現場から騒音・振動・悪臭がします。どうにかできませんか?
  3. 隣地の建物の窓から私の家の内部が丸見えになりました。なんとかなりませんか?
  4. 隣地からの落ち葉や、伸びてくる木の根っこに対して、どのように言えるでしょうか?
  5. 隣の屋根から雨水が直接こちらの敷地に落ちてきます。耐えなければなりませんか?
  6. 隣の建物の一部が土地の境界線を越えています。どのような請求ができますか?
  7. すぐ近くに高層マンションが建築されます。どのような問題がおこるのでしょうか?
  8. 日照権とはなんですか?どのような規制がありますか?
  9. 隣にできた高層マンションのせいで、ほとんど日が当たらなくなりました。どうすれば…?
  10. 日照権の侵害については、どのような法的手段が考えられますか?
  11. 家の近くに大規模なマンションが建設されようとしています。止める手段は?
  12. 法的手段で、マンション建設などを止めることができるのでしょうか?
  13. 京都市の「新景観政策」とは、どのようなものですか?

医療過誤

  1. 父の死亡について医療過誤の可能性があります。どうしたらよいのでしょうか?
  2. 病院に対し父の死亡原因を問いただしたいのですが、可能でしょうか?
  3. 病院がカルテを改ざんする可能性があります。どうすればよいでしょうか?
  4. 病院に対し、カルテなどのコピーを請求できますか?
  5. 医療過誤で病院に対し損害賠償を請求する場合、どんな方法がありますか?
  6. 病院側の刑事責任を求めるにはどうしたらよいでしょうか?

消費者被害

  1. 消費者被害にはどのようなものがありますか?
  2. 未成年の子どもが消費者被害に。契約を取り消すことはできないのでしょうか?
  3. 「クーリング・オフ」という言葉をよく聞きますが、どのような制度でしょうか?
  4. 強引な勧誘で契約を結ばされたのですが、取り消すことはできないのでしょうか?
  5. 訪問販売や電話勧誘販売で被害に遭ってしまいました。なんとかならないでしょうか?
  6. 訪問販売で被害に遭った場合、どのような対応が?契約を取り消すことができますか?
  7. 分割払で高額な商品を購入させられました。契約を取り消すことは可能でしょうか?
  8. 先物取引による被害に遭わないために、気をつけなければならないことは?
  9. 証券取引で被害に遭わないためには何に気をつけたらいいのでしょうか?
  10. 外国為替証拠金取引は被害に遭いやすいと聞きますが、どのようなものですか?
  11. 未公開株商法による被害が拡大しているそうですが、どのようなものですか?
  12. インターネットを利用する際、どんな点に気をつけるべきですか?
  13. 最近よく耳にする「リース契約」が関係する消費者被害もあるのでしょうか?
  14. 振り込め詐欺による被害に遭った場合、何らかの対応が可能でしょうか?
  15. クレジットカードの明細に利用した覚えのない取引が。カード情報を盗むスキミングでは?
  16. カードの盗難・偽造などで預金が引き出された場合、泣き寝入りするしか…?偽造などで預金が引き出された場合、泣き寝入りするしか…?
  17. 盗まれた通帳から預金が引き出されました。お金は返ってこないのでしょうか?

離婚・男女問題

  1. 離婚はどのような場合に認められるのでしょうか?
  2. 離婚について話し合いがまとまらない場合、どうしたらよいのでしょうか?
  3. 浮気をした配偶者も離婚を請求できるのですか?
  4. 配偶者が行方不明の場合は、どうやって離婚するのですか?
  5. 離婚にあたって、どんなことが法律的に問題になりますか?
  6. 離婚したいと言って家を出て、生活費をくれない夫。どうすればいいでしょうか?
  7. 結婚中築いた財産はどのように精算するのですか?
  8. 離婚したら、相手の年金の半分がもらえるのでしょうか?
  9. 夫の浮気が原因で離婚をする場合、慰謝料は請求できますか?
  10. 母親でなければ親権者になれないのですか?
  11. 養育費はいくら払えばよいのですか?
  12. 離婚後も、相手に引き取られた子と会えますか?
  13. 離婚後、姓や戸籍はどうなるのでしょうか?
  14. 夫や元夫の暴力から逃れる方法はありますか?
  15. 交際している彼女から「子ができたので認知して」と言われました。「認知」とは?
  16. 婚約を一方的に解消されたのですが、慰謝料は請求できますか?
  17. 元恋人からつきまとわれているのですが、どうしたらよいでしょうか?
  18. 婚姻届を提出していなくても、夫婦として認めてもらえるのですか?

高齢者の財産管理

  1. 高齢になり自分で財産を管理するのが難しくなりました。どうしたらいいですか?
  2. 「法定後見」とはどのような制度ですか?
  3. 法定後見の申立費用はどのくらいでしょうか?
  4. 成年後見人などには誰がなるのですか?
  5. 「任意後見契約」とはどのような制度ですか?
  6. 任意後見人にはどのようなことをしてもらえるのですか?
  7. 任意後見人には誰がなれるのですか?
  8. 任意後見契約はどのように結べばよいのですか?

破産・再生・任意整理

  1. 借金を整理する方法にはどんなものがありますか?
  2. 借金を整理すると「ブラックリスト」に載り、二度と借金ができなくなるって本当ですか?
  3. 厳しい取り立てを受けているのですが、どうしたらよいでしょうか?
  4. 借金を整理した場合は、家族や保証人が代わりに支払うことになるのですか?
  5. 借金ができる金額には制限があるのですか?
  6. 「グレーゾーン」や「過払い」という言葉をよく聞きますが、どういう意味でしょうか?
  7. 「任意整理」とは、どんな手続きですか?
  8. 「特定調停」とは、どんな手続きですか?
  9. 「破産」とは、どんな手続きですか?
  10. 破産の申立をすれば、借金の支払義務がなくなるのですか?
  11. 破産の申立をしたら、財産はすべて手放さなければなりませんか?
  12. 破産の申立をすると、どんな不利益がありますか?
  13. 破産の申立を弁護士に依頼した場合、どのくらいの費用がかかりますか?
  14. 「個人再生」とは、どのような手続きですか?
  15. かなり以前の借金について、見知らぬ業者から請求書が。どうしたらよいでしょうか?
  16. ヤミ金融とは何ですか?

債権の担保・回収

  1. 人にお金を貸すとき、注意すべきことは?
  2. 取り立てにはどんな方法がありますか?
  3. 相手方が所有する財産を処分しようとしています。これを防ぐにはどうすればよいですか?
  4. 裁判に勝っても、相手方がお金を返してくれない場合、どうしたらよいですか?
  5. 貸金の請求などにも時効はあるのですか?
  6. 約束手形とはどんなものですか?
  7. 小切手とはどんなものですか?
  8. 受け取った手形が不渡りになってしまいました。どうしたらよいでしょうか?
  9. 契約代金支払の手形を振り出した後、契約が解除されました。どうしたらよいですか?
  10. 手形や小切手を盗まれてしまいました。どうしたらよいですか?
  11. 私は請負業者ですが、注文者が代金を支払ってくれません。対処法はありますか?
  12. 私は下請業者です。元請業者が倒産し下請代金を支払ってもらえません。対処法は?
  13. 私は孫請業者です。下請業者が倒産し孫請代金を支払ってもらえません。対処法は?

刑事事件等

  1. 息子が警察に逮捕されました。今後、どうなるのでしょうか?
  2. 逮捕された息子が引き続き勾留されました。どんな取扱をされるのでしょうか?
  3. 逮捕・勾留された息子に弁護人を付けた方がよいのでしょうか?
  4. 「当番弁護士」とは、どのような制度でしょうか?
  5. 当番弁護士に接見してもらった後、どのような手続きをすればよいのでしょうか?
  6. 弁護人を付けたくても、弁護人を雇うお金がありません。どうしたらよいでしょうか?
  7. 息子が起訴されました。釈放されないのでしょうか?
  8. 息子の保釈を請求したら、釈放されるのでしょうか?
  9. 刑事裁判(公判)は、どのように行われるのでしょうか?
  10. 「公判前整理手続」とは、どのようなものですか?
  11. 未成年の息子が逮捕されました。今後、どうなるのでしょうか?
  12. 息子が家庭裁判所から受けた「観護措置」とはどのようなものですか?
  13. 未成年者の息子が家庭裁判所から受けた「保護処分」とは、どのようなものですか?
  14. 弁護人・付添人は、どんなことをしてくれるのですか?
  15. 犯罪被害者から相談を受けています。どのように接してアドバイスすればいいのでしょう?
  16. 犯罪の加害者は、どのような責任を負うのでしょうか?
  17. 告訴・被害届は、いつ、どのようにして行えばよいのでしょうか?
  18. 犯罪被害者は、どのようにして刑事事件の進行を知ることができるのでしょうか?
  19. 加害者が少年の場合、犯罪被害者の立場はどのように配慮されているのですか?
  20. 裁判で、犯罪被害者が自分の心情や意見を述べる際、どんな配慮がなされていますか?
  21. 犯罪被害者が加害者の刑事裁判に積極的に関与する方法はありますか?
  22. 犯罪被害者が被害の回復や弁償を求めるために、どのような制度がありますか?
  23. 裁判員裁判が実施されていますが、この制度の意義や概要は…?
  24. 裁判員は、どのようにして選ばれるのでしょうか?
  25. 裁判員に選ばれた場合の職務内容と心構えは?

行政訴訟・住民訴訟

  1. 行政内部の文書をどのようにして入手すればよいでしょうか?
  2. 入手した文書に黒塗りや空白部分が多くあります。どうすればいいのでしょうか?
  3. 公金支出に不正があると思われます。不正の追及にはどんな方法がありますか?
  4. 住民監査請求が棄却されました。さらに不正を追及するための方法はないでしょうか?
  5. 税務署長から更正処分を受けました。 不服があるのですが、どうしたら良いでしょうか。
  6. 再調査の請求・審査請求をいつまでに行う必要がありますか。
  7. 審査請求が棄却されたので訴訟を提起したのですが、行政を訴える訴訟の意義や手続を教えてください。
  8. 行政事件訴訟法が大幅に改正されたそうですが、その改正点を教えてください。
  9. 審査請求をしないで、いきなり取消訴訟を提起できますか。

法律ミニ知識

  1. 裁判手続き
  2. 税金
  3. 内容証明
  4. 印鑑証明
  5. 不動産登記簿
  6. 公正証書

相談