あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

訪問販売で被害に遭った場合、どのような対応が?

消費者被害

Q.訪問販売で被害に遭った場合、どのような対応が?契約を取り消すことができますか?
A.特定商取引法にいう「訪問販売」とは、次の4点を満たす取引形態を指します。
  • (1) 販売業者または役務提供事業者が行う取引
  • (2) 営業所、代理店その他省令で定める場所以外の場所において、または、特定の誘引方法*1による顧客については営業所などにおいて行う取引
  • (3) 商品もしくは役務、指定権利の取引
  • (4) 契約の申込みを受け、または契約を締結して行う取引

このような訪問販売による被害に遭った場合、未成年者が法定代理人(通常は親)の同意なくして契約をした場合には、取り消すことができます。

また、クーリング・オフ制度を活用することも可能です。

さらに、勧誘方法、手口、契約内容によっては、錯誤に基づく契約無効(民法第95条)、詐欺に基づく取り消し(民法第96条1項)、強迫に基づく取り消し(民法第96条1項)、公序良俗違反による無効(民法第90条)などの主張が可能です。もちろん、消費者契約法による取り消し、無効の主張も考えられます。


  • *1 特定の誘引方法 路上や街頭で「アンケートに答えてください」「お肌の診断をします」などと称して呼び止め、喫茶店などに同行して勧誘し、契約に持ち込む手口。キャッチセールスの手口。電話や葉書などで「抽選で当りました、プレゼントを取りに来てください」と営業所などへ呼び出し、商品販売の勧誘をするアポイントメントセールスの手口。近所の公民館、集会所などに人を集めて、最初は日用品などを無料や激安で配り、最終的には、羽毛布団などの高額な商品を買わせる手口。

Q&A一覧

  1. 消費者被害にはどのようなものがありますか?
  2. 未成年の子どもが消費者被害に。契約を取り消すことはできないのでしょうか?
  3. 「クーリング・オフ」という言葉をよく聞きますが、どのような制度でしょうか?
  4. 強引な勧誘で契約を結ばされたのですが、取り消すことはできないのでしょうか?
  5. 訪問販売や電話勧誘販売で被害に遭ってしまいました。なんとかならないでしょうか?
  6. 訪問販売で被害に遭った場合、どのような対応が?契約を取り消すことができますか?
  7. 分割払で高額な商品を購入させられました。契約を取り消すことは可能でしょうか?
  8. 先物取引による被害に遭わないために、気をつけなければならないことは?
  9. 証券取引で被害に遭わないためには何に気をつけたらいいのでしょうか?
  10. 外国為替証拠金取引は被害に遭いやすいと聞きますが、どのようなものですか?
  11. 未公開株商法による被害が拡大しているそうですが、どのようなものですか?
  12. インターネットを利用する際、どんな点に気をつけるべきですか?
  13. 最近よく耳にする「リース契約」が関係する消費者被害もあるのでしょうか?
  14. 振り込め詐欺による被害に遭った場合、何らかの対応が可能でしょうか?
  15. クレジットカードの明細に利用した覚えのない取引が。カード情報を盗むスキミングでは?
  16. カードの盗難・偽造などで預金が引き出された場合、泣き寝入りするしか…?偽造などで預金が引き出された場合、泣き寝入りするしか…?
  17. 盗まれた通帳から預金が引き出されました。お金は返ってこないのでしょうか?