あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

息子が警察に逮捕されました

刑事事件等

Q.息子が警察に逮捕されました。今後、どうなるのでしょうか?
A.逮捕とは、被疑者(マスコミでは「容疑者」と呼ばれています)の身体を強制的に拘束し、引き続き短時間の拘束を継続することです。被疑者が罪を犯したと疑うに足りる相当な理由があり(理由性)、かつ逃亡または罪証隠滅(証拠を隠すこと)のおそれ(相当性)がある場合に認められます(刑訴法199条1項)。警察官が裁判官に逮捕状を請求し、裁判官の発布した逮捕状の執行として逮捕が行われます(これを「通常逮捕」といいます)。通常逮捕の他に現行犯逮捕がありますが、これは現に犯罪が行われているか、終了直後の犯人の逮捕のことをいい、一般私人もすることができます(同法212、213条)。

逮捕されると、被疑者は、通常、手錠をかけられて警察の留置施設(代用監獄)に連れて行かれます。このとき、被疑者に対し直ちに犯罪事実の要旨および弁護人選任権を告げて、弁解の機会を与えなければなりません。警察が被疑者の身体を拘束できる持ち時間は2日間(48時間)であり、さらに捜査のため留置継続の必要がある場合には、被疑者の身体を検察庁に送らなければなりません(これを「身柄送検」といいます)。

送検を受けた検察官の持ち時間は1日間(24時間)とされています。従って、逮捕により被疑者の身体を拘束できる期間は最大で3日間(72時間)となっています。

 

Q&A一覧

  1. 息子が警察に逮捕されました。今後、どうなるのでしょうか?
  2. 逮捕された息子が引き続き勾留されました。どんな取扱をされるのでしょうか?
  3. 逮捕・勾留された息子に弁護人を付けた方がよいのでしょうか?
  4. 「当番弁護士」とは、どのような制度でしょうか?
  5. 当番弁護士に接見してもらった後、どのような手続きをすればよいのでしょうか?
  6. 弁護人を付けたくても、弁護人を雇うお金がありません。どうしたらよいでしょうか?
  7. 息子が起訴されました。釈放されないのでしょうか?
  8. 息子の保釈を請求したら、釈放されるのでしょうか?
  9. 刑事裁判(公判)は、どのように行われるのでしょうか?
  10. 「公判前整理手続」とは、どのようなものですか?
  11. 未成年の息子が逮捕されました。今後、どうなるのでしょうか?
  12. 息子が家庭裁判所から受けた「観護措置」とはどのようなものですか?
  13. 未成年者の息子が家庭裁判所から受けた「保護処分」とは、どのようなものですか?
  14. 弁護人・付添人は、どんなことをしてくれるのですか?
  15. 犯罪被害者から相談を受けています。どのように接してアドバイスすればいいのでしょう?
  16. 犯罪の加害者は、どのような責任を負うのでしょうか?
  17. 告訴・被害届は、いつ、どのようにして行えばよいのでしょうか?
  18. 犯罪被害者は、どのようにして刑事事件の進行を知ることができるのでしょうか?
  19. 加害者が少年の場合、犯罪被害者の立場はどのように配慮されているのですか?
  20. 裁判で、犯罪被害者が自分の心情や意見を述べる際、どんな配慮がなされていますか?
  21. 犯罪被害者が加害者の刑事裁判に積極的に関与する方法はありますか?
  22. 犯罪被害者が被害の回復や弁償を求めるために、どのような制度がありますか?
  23. 裁判員裁判が実施されていますが、この制度の意義や概要は…?
  24. 裁判員は、どのようにして選ばれるのでしょうか?
  25. 裁判員に選ばれた場合の職務内容と心構えは?