あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

不動産登記法が改正され権利証がなくなったと聞きました

不動産取引・建築問題

Q.不動産登記法が改正され、権利証(登記済証)がなくなったと聞きましたが…?
A.

(1) これまで(改正前)の取扱い

例えば、不動産を甲から乙に移転する登記手続を行ったときには、甲から乙への所有権移転登記が完了したことを示す法務局の印が押印された書面が、司法書士などを通じて乙に渡されていました。この書面が、権利証(登記済証)と呼ばれてきた書面です。

乙が、さらに丙に不動産を売って、丙名義に登記するためには、乙の権利証を法務局に提出しなくてはならなかったため、権利証は、非常に重要な書面とされてきました。乙がこの権利証を紛失した場合、乙は司法書士に依頼して作成してもらった保証書によって、丙への登記を行うとされてきました。

(2) 不動産登記法改正後(2005年3月7日施行)の取り扱い

登記手続をする登記所が、オンライン申請が可能な登記所として指定(オンライン指定庁)を受ければ、所有権移転登記がなされても、権利証は発行されません。ただし、その場合であっても、書面で申請することは可能であり、権利証を持っていた乙は、権利証を提出して丙への登記を申請することができます。その結果、登記は丙に移ることとなりますが、丙に対して権利証は交付されません。そのかわり、丙には「登記識別情報」が通知されます。登記識別情報とは、登記所が無作為に選んだ12桁の英数字で、丙がさらに丁に登記を移転するときには、この登記識別情報を登記所に提供する必要があります。

乙が権利証を紛失したとき、改正前は保証書によって丙への登記ができましたが、改正後は、オンライン指定庁かどうかにかかわらず、保証書による登記手続きはできなくなりました。そのかわり、本人確認情報(弁護士、司法書士などが本人確認をしたことを内容とする情報)を登記所に提供すれば登記手続きができます。なお、本人確認情報の提供ではなく、事前通知制度*1によっても登記をすることができます。


  • *1 事前通知制度 登記所から、登記申請があった旨、乙に対して通知を行い、登記の申請が真実であることを回答することによって確認する制度。

Q&A一覧

  1. 土地や建物を購入するとき、事前にどんなことを調べておけばよいでしょうか?
  2. 土地・建物を売却するとき、事前にしなければならないことはありますか?
  3. 隣地との境界(筆界)が不明確です。境界を確認するにはどのような方法がありますか?
  4. 売買を不動産業者を通じて行う場合、どのよう業者を選べばよいでしょうか?
  5. 不動産の価格は、どのような方法で知ることができますか?
  6. 住宅ローンを利用する場合、どんなことに注意したらよいでしょうか?
  7. 売買契約書を交わす際、どのような点に注意すべきですか?
  8. 不動産登記には、どれくらいの費用がかかりますか?
  9. 売買契約は、どのようなときに解除できますか?
  10. 不動産登記法が改正され、権利証(登記済証)がなくなったと聞きましたが…?
  11. 建築工事の請負契約をするとき、どのような点に注意すべきですか?
  12. 追加工事をしてもらう場合、何を注意すべきですか?
  13. 業者が長期間工事をしてくれないとき、どうしたらいいですか?
  14. 騒音・振動・地盤沈下・建物損傷など工事による第三者への損害は、注文者にも責任が?
  15. 請負契約で建築した住宅が欠陥建築でした。どのような法的手段がありますか?
  16. 欠陥(瑕疵)の有無はどのように判断するのですか?
  17. 業者の責任は、いつまで追及することができますか?
  18. 売買契約で購入した建売住宅の場合も欠陥建築の責任を追及できますか?
  19. 欠陥(瑕疵)の責任を追及したい建築(販売)業者が倒産。何か方法はないでしょうか?