あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

住宅ローンを利用する場合の注意

不動産取引・建築問題

Q.住宅ローンを利用する場合、どんなことに注意したらよいでしょうか?
A.不動産を購入する際、もともと困難な返済計画で住宅ローンを組んだために、返済に行き詰まって自己破産や個人再生などの手続きを利用するケースが後を絶ちません。貸す側の金融機関に問題がある場合も少なくありませんが、借りる側として注意すべき点として次のようなものがあげられます。

(1) 諸経費を考えた資金計画

住宅を買う際には、物件価格以外に、登記費用(登録免許税、司法書士手数料など)、引越費用、不動産取得税などの諸経費が必要です。物件価格の最低1割程度の諸経費を見込んで資金計画を立てるべきといわれています。

(2) 確実な返済が見込めるか

収入との関係で確実に返済できる条件であることが必要です。返済ができなくなったケースとしては、ボーナス返済を組み込んだローンを組んだところ、ボーナスが激減して返済のために消費者金融で借り入れを行ったケースや、定年後の収入や返済の見通しがないのに定年後にわたるローンを組んで行き詰まったケースなどがあります。また、固定資産税や修繕維持にかかる費用など、賃貸住宅の時にはなかった費用のことも考えておきましょう。

(3) 目先の返済額だけに目を奪われない

住宅ローンの商品によっては、当初の一定期間、金利が優遇されたり、金利にかかわらず返済額が一定額になるようなローンもあります。広告などに掲載されている返済プランでは、当初5年間の返済額しか書かれていないことも少なくありません。ローン期間全体を見通して、返済額がどのように変化していくのかを確かめ、それに見合う収入が得られるかどうかを判断する必要があります。

Q&A一覧

  1. 土地や建物を購入するとき、事前にどんなことを調べておけばよいでしょうか?
  2. 土地・建物を売却するとき、事前にしなければならないことはありますか?
  3. 隣地との境界(筆界)が不明確です。境界を確認するにはどのような方法がありますか?
  4. 売買を不動産業者を通じて行う場合、どのよう業者を選べばよいでしょうか?
  5. 不動産の価格は、どのような方法で知ることができますか?
  6. 住宅ローンを利用する場合、どんなことに注意したらよいでしょうか?
  7. 売買契約書を交わす際、どのような点に注意すべきですか?
  8. 不動産登記には、どれくらいの費用がかかりますか?
  9. 売買契約は、どのようなときに解除できますか?
  10. 不動産登記法が改正され、権利証(登記済証)がなくなったと聞きましたが…?
  11. 建築工事の請負契約をするとき、どのような点に注意すべきですか?
  12. 追加工事をしてもらう場合、何を注意すべきですか?
  13. 業者が長期間工事をしてくれないとき、どうしたらいいですか?
  14. 騒音・振動・地盤沈下・建物損傷など工事による第三者への損害は、注文者にも責任が?
  15. 請負契約で建築した住宅が欠陥建築でした。どのような法的手段がありますか?
  16. 欠陥(瑕疵)の有無はどのように判断するのですか?
  17. 業者の責任は、いつまで追及することができますか?
  18. 売買契約で購入した建売住宅の場合も欠陥建築の責任を追及できますか?
  19. 欠陥(瑕疵)の責任を追及したい建築(販売)業者が倒産。何か方法はないでしょうか?