あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

病院側の刑事責任を求めるには

医療過誤

Q.病院側の刑事責任を求めるにはどうしたらよいでしょうか?
A.重大かつ明白な医療過誤の場合には、業務上過失致死傷罪*1として、担当者(医師や看護師)の刑事責任を追及するために、警察署・検察庁に告訴・告発することもできます。実際上、医師が逮捕・起訴されるケースは初歩的なミスの事例(重大かつ明白な医療過誤)がほとんどです。酸素ガスと笑気ガスを取り違えた事例、点滴液にエタノールを入れた事例、抗ガン剤を規定の10倍も投与した事例、患者の体内に手術器具を残した事例、近視を矯正するレーシック手術で手術用の器具を滅菌せず何人もの患者に使い回して感染症を引き起こした事例などです。
  • *1 刑法211条1項:5年以下の懲役・禁錮または100万円以下の罰金

Q&A一覧

  1. 父の死亡について医療過誤の可能性があります。どうしたらよいのでしょうか?
  2. 病院に対し父の死亡原因を問いただしたいのですが、可能でしょうか?
  3. 病院がカルテを改ざんする可能性があります。どうすればよいでしょうか?
  4. 病院に対し、カルテなどのコピーを請求できますか?
  5. 医療過誤で病院に対し損害賠償を請求する場合、どんな方法がありますか?
  6. 病院側の刑事責任を求めるにはどうしたらよいでしょうか?