あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

養育費はいくら払えばよいのですか

離婚・男女問題

Q.養育費はいくら払えばよいのですか?
A.離婚後、親権者とならなかった当事者も、子の親である事実に変わりはないので、未成年の子の養育について責任を負います。したがって、未成年の子を養育している親から、他方の親に対して、子にかかる生活費の分担として養育費を請求することができます。養育費の金額について当事者間で話し合いがまとまらなかった場合、調停あるいは審判で養育費額を決定することができます。裁判所では、一般的な基準が設けられており、基本的には当事者双方の収入を比較して決定しますが、子に持病があって高額の医療費が必要である場合などは、具体的な事情も考慮されます。

Q&A一覧

  1. 離婚はどのような場合に認められるのでしょうか?
  2. 離婚について話し合いがまとまらない場合、どうしたらよいのでしょうか?
  3. 浮気をした配偶者も離婚を請求できるのですか?
  4. 配偶者が行方不明の場合は、どうやって離婚するのですか?
  5. 離婚にあたって、どんなことが法律的に問題になりますか?
  6. 離婚したいと言って家を出て、生活費をくれない夫。どうすればいいでしょうか?
  7. 結婚中築いた財産はどのように精算するのですか?
  8. 離婚したら、相手の年金の半分がもらえるのでしょうか?
  9. 夫の浮気が原因で離婚をする場合、慰謝料は請求できますか?
  10. 母親でなければ親権者になれないのですか?
  11. 養育費はいくら払えばよいのですか?
  12. 離婚後も、相手に引き取られた子と会えますか?
  13. 離婚後、姓や戸籍はどうなるのでしょうか?
  14. 夫や元夫の暴力から逃れる方法はありますか?
  15. 交際している彼女から「子ができたので認知して」と言われました。「認知」とは?
  16. 婚約を一方的に解消されたのですが、慰謝料は請求できますか?
  17. 元恋人からつきまとわれているのですが、どうしたらよいでしょうか?
  18. 婚姻届を提出していなくても、夫婦として認めてもらえるのですか?