あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

家主側の都合で契約を解約することができる場合

借地・借家・マンション問題

Q.家主側の都合で契約を解約することができるのは、どのような場合ですか?
A.明け渡しを求める合理的な理由(正当事由)が家主側にある場合、家主は契約を解約することができ、借家人は借家を明け渡さなければならないことになります。「正当事由のある場合」とは、家主側の家屋利用の必要性が借家人側の必要性より高い場合をいいます。その必要性の程度は家主または借家人の判断ではなく、第三者(裁判所)が借地借家法と良識に従って妥当と判断する性格のものです。

「正当事由」の判断は事案によって異なります。例えば、「建物を修繕しなければならないので立ち退いてほしい」という場合、正当事由が認められるかどうかは、基本的には老朽化の程度によって決まります。今にも崩れそうな状態であれば正当事由は認められやすく、そうでなければ、立退料の有無・金額など諸般の事情を考慮して判断されます。

ただし、家主に正当事由がある場合でも、いつでも明け渡し請求ができるわけではありません。借家契約に期間が定められている場合、その中途では解約できませんし、中途でない場合でも、期間が満了する6カ月以前(期間の定めないときは、単に6カ月前)に契約更新を拒否して賃貸借契約を解約する旨を申し入れなければなりません。

Q&A一覧

  1. 家を借りるときの「敷金」「保証金」「権利金」とは何ですか?
  2. 借地借家に適用される法律にはどんなものがありますか?
  3. 借地は、どれくらいの期間存続させることができますか?
  4. 賃貸借契約更新のとき、家主から求められた更新料は支払わなければなりませんか?
  5. 賃料を増額または減額したい。賃料の額はどのように決めればよいですか?
  6. 賃貸人が家賃の増額を要求し、従来の金額では家賃を受け取りません。どうすれば…?
  7. 台風で借家の一部が壊れてしまいました。修繕義務は誰にありますか?
  8. 家主が一向に借家の修繕をしてくれません。どうすればよいでしょうか?
  9. 借家の所有者が変わった場合、賃貸借契約はどうなるのでしょうか?
  10. 賃借人である内縁の夫が死亡しました。契約を引き継ぐことはできますか?
  11. 借家人からの借家契約の解約は、どのような場合に行うことができますか?
  12. 借家人は、どんな場合に契約の解除や明け渡しを求められるのでしょうか?
  13. 家主側の都合で契約を解約することができるのは、どのような場合ですか?
  14. 建物が古くなり倒れてしまいました。賃貸借契約はどうなるのでしょうか?
  15. 家主の同意を得て畳を新調しました。契約終了時に買い取ってもらえますか?
  16. 「原状回復費用は賃借人の負担」の契約で、契約終了時、敷金は返してもらえますか?
  17. 「契約終了の際、敷金30万円から25万円を差引いて返還」という契約書の場合は?
  18. 「定期借地権」とはなんですか?
  19. 「定期借家制度」とはどのような制度ですか?
  20. 「定期借家契約」となるのは、どんな場合ですか?
  21. 管理組合の理事長に選出されました。マンションには、どんな法律問題がありますか?
  22. 管理費や修繕積立金を支払ってくれない区分所有者がいます。どうすればいいですか?
  23. 管理規約でペット禁止なのに、犬を飼っている入居者がいます。どうすればいいですか?
  24. 管理規約に一部の区分所有者に極めて有利な箇所が。何とかならないでしょうか?
  25. マンションの隣に、より高層のマンション建設計画が。止める手段はありませんか?
  26. 一部に反対している入居者がいる場合でも、マンションの建替えはできますか?
  27. マンションにおけるトラブルの予防と解決のために、どのようなサポートが有効ですか?