あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

第3回「市民のための法律セミナー」を開催しました

7月9日午後、中京区内のハートピア京都で、京都第一法律事務所主催の第3回目となる市民法律セミナーが「上手に活用、後見制度」と題して行われ、市民の方約40人が参加しました。

事務所の高木野衣弁護士が、成年後見人、保佐人、補助人などの法定後見の制度と任意後見の制度について解説し、続いて谷文彰弁護士が、財産管理人の制度や後見人の仕事の内容などについて、同弁護士が後見人となって処理したケースを例に具体的に解説しました。これらのケースでは困っていた親族の方などから「お願いして良かった。」「安心しました。」など、専門職後見人をつけたことで、満足のいく結果が得られていることが紹介されました。

参加した市民の方から、後見人の報酬額や仕事の具体的内容、後見信託の制度、後見人を付けないといけないケースなど次々と質問が出され、谷弁護士らが詳しく回答しました。

また、セミナー終了後に無料法律相談会も開催され、当日司会を担当した糸瀬美保弁護士をはじめ、飯田昭弁護士、荒川英幸弁護士、岩橋多恵弁護士なども対応しました。

当事務所では毎年市民のみなさんを対象に、参加費無料で法律セミナーを開催しており、2016年度も実施する予定です。


当日配付したレジュメの内容をこちらに掲載しています

「上手に活用!後見人制度」市民のための法律セミナー・レジュメ



「市民のための法律セミナー」のページはこちら