あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

第2回「市民のための法律セミナー」を開催しました

2016年6月16日、京都市中京区のハートピア京都にて、2016年第2回市民のための法律セミナー「かしこい遺言の書き方~遺言と相続税のポイント」を開催しました。

当日は、たくさんの方に参加していただき、会場も満員になりました。

今回のセミナーでは、まず当事務所の浅野則明弁護士から遺言、法定相続分の基本的な解説、自筆証書遺言の書き方、公正証書遺言との比較をお話ししました。遺言の基礎を丁寧に解説した上で、遺留分や遺言執行者の説明も盛り込んだものとなりました。

後半は税理士法人京都会計の三浦幹雄税理士から「相続税対策の方向性は?」とのタイトルで講演。相続税の基本的仕組みから入り、「相続財産を減らす」という方向で、生前贈与と贈与税について詳しく事例解説がありました。

参加された方からは活発な質問があり、時間の許す限りお話ししました。セミナー終了後には、恒例の無料法律相談も実施しました。

京都第一法律事務所では、今後も、市民のための法律セミナーを開催し、皆様に身近な法律知識を分かりやすくお伝えしたいと思っています。


当日配付したレジュメの内容をこちらに掲載しています

「かしこい遺言の書き方~遺言と相続税のポイント」市民のための法律セミナー・レジュメ

「市民のための法律セミナー」のページはこちら