あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

病院がカルテを改ざんする可能性があります

医療過誤

Q.病院がカルテを改ざんする可能性があります。どうすればよいでしょうか?
A.カルテなどが改ざん(書き換え)されるおそれがある場合、証拠保全という手続きが必要になります。証拠保全とは、裁判所が証拠保全決定を発して医療機関に赴き、カルテ(診療録)、検査記録、看護記録、レントゲン、レセプトの控えなどの現物をコピーしたり写真に撮って裁判所で保存することをいいます。これは後に訴訟や調停を提起したりした場合に、カルテなどが改ざんされないようにするために行うものです。そのため、証拠保全決定は一般の判決などの送達(郵送)と異なり、裁判所が医療機関に赴く1~2時間前に執行官によって送達されます。また、証拠保全によって得たカルテなどのコピーは、医療機関の過失の内容を具体的に綿密に検討するためにも必要です。

Q&A一覧

  1. 父の死亡について医療過誤の可能性があります。どうしたらよいのでしょうか?
  2. 病院に対し父の死亡原因を問いただしたいのですが、可能でしょうか?
  3. 病院がカルテを改ざんする可能性があります。どうすればよいでしょうか?
  4. 病院に対し、カルテなどのコピーを請求できますか?
  5. 医療過誤で病院に対し損害賠償を請求する場合、どんな方法がありますか?
  6. 病院側の刑事責任を求めるにはどうしたらよいでしょうか?