あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

弁護士による「退職代行」のススメ

弁護士による「退職代行」のススメ

弁護士 谷 文彰

「退職代行」という言葉を聞いたことがありませんか? 会社を辞めたいけれど強く引き留められる、上司と顔をあわせるのがつらい…そんなときに、自分に代わって退職の手続きを行ってくれるようなサービスのことです。私たちの事務所でも、そのような「辞めたくても辞められない」方からご相談を受け、退職の手続きを含めた各種手続きを執り行っています。

さて、この「退職代行」サービス、ものによってはすぐに辞められるという趣旨の宣伝をしているところもあるようです。しかし、これは正確ではありません。法的には、期間の定めのない雇用契約の場合、「各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。(」民法627 条1項)となっているからです。退職を申し入れても直ちに辞められるわけではなく、その2週間後に辞めることができるというのが法の原則なのです(月給制の場合などには、一定の制限を受ける場合があります)。

じゃあやっぱり会社に行かないといけないの? と思われるかもしれませんが、そうとは限りません。事情に応じていくつか方法が考えられますので、ご相談ください。

退職代行を弁護士に依頼することの大きなメリットは、法的に代理権が認められているということと、様々な交渉や解決を図ることができるという点です。私たちが担当したケースでも、単に辞めるだけではなく、退職金を上乗せさせたり、残業代の未払分を回収したりといった解決ができたケースが多くなっています。会社側がいろいろと要求してきた事柄を断念させたこともあります。

退職へと追い込まれてしまう背景には、給与や残業代の未払い、様々なハラスメントなどの問題があることが多いと思います。そうした問題を解決し、今後のためによりよい条件を勝ち取ることができるのは弁護士だけ。「辞めたくても辞められない」という方がいらっしゃいましたら、まずはご相談ください。

「京都第一」2019年夏号