あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

離婚にあたってどんなことが法律的に問題になりますか

離婚・男女問題

Q.離婚にあたって、どんなことが法律的に問題になりますか?
A.金銭にかかわるものでは、結婚中に築いた財産の精算が問題となります。

また、離婚の原因をつくった配偶者への慰謝料の請求も問題となります。

すでに別居している場合などには、離婚が成立するまでの生活費をどう分担するかという問題があります。

未成年の子がいる場合、子は法的な行為ができないとされているため、結婚中は夫婦が共同で「親権者」となって、子どもの代わりに法的な行為を行いますが、離婚後は、どちらか一方が単独で親権者となります。従って、必ずどちらか一方の当事者を親権者と決めなければ離婚ができません。

また、親権者とならなかった配偶者についても、離婚後の子の生活費の支払いや面会が問題となります。

Q&A一覧

  1. 離婚はどのような場合に認められるのでしょうか?
  2. 離婚について話し合いがまとまらない場合、どうしたらよいのでしょうか?
  3. 浮気をした配偶者も離婚を請求できるのですか?
  4. 配偶者が行方不明の場合は、どうやって離婚するのですか?
  5. 離婚にあたって、どんなことが法律的に問題になりますか?
  6. 離婚したいと言って家を出て、生活費をくれない夫。どうすればいいでしょうか?
  7. 結婚中築いた財産はどのように精算するのですか?
  8. 離婚したら、相手の年金の半分がもらえるのでしょうか?
  9. 夫の浮気が原因で離婚をする場合、慰謝料は請求できますか?
  10. 母親でなければ親権者になれないのですか?
  11. 養育費はいくら払えばよいのですか?
  12. 離婚後も、相手に引き取られた子と会えますか?
  13. 離婚後、姓や戸籍はどうなるのでしょうか?
  14. 夫や元夫の暴力から逃れる方法はありますか?
  15. 交際している彼女から「子ができたので認知して」と言われました。「認知」とは?
  16. 婚約を一方的に解消されたのですが、慰謝料は請求できますか?
  17. 元恋人からつきまとわれているのですが、どうしたらよいでしょうか?
  18. 婚姻届を提出していなくても、夫婦として認めてもらえるのですか?