あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

振り込め詐欺による被害に遭った場合

消費者被害

Q.振り込め詐欺による被害に遭った場合、何らかの対応が可能でしょうか?
A.振り込め詐欺にはさまざまな類型があります。当初は、手当たり次第に電話をかけ、高齢者が電話に出るや、子や孫を名乗って困窮状態にあることを訴え、金銭を振り込ませるという手口が主流でしたが、その後手口は巧妙化し、被害者や警察官、弁護士などを名乗る者が次々と電話に現れて演技を行う「劇団型」が増加しています。銀行員や警察官を名乗る者が自宅まで訪れ、暗証番号を巧妙に聞き出してキャッシュカードを持ち出すケースも増えており、手口はどんどん多様化しているのが現状です。

振り込め詐欺は、その名とおり明らかな詐欺であり不法行為ですが、相手がどこの誰か分からないことも多く、警察でさえ逮捕するのは困難です。被害額が全国で数十億円にのぼる年もありますが、被害者の救済は思うように進んでいません。

そこで、平成19年に振り込め詐欺救済法が制定されました。この法律は、振り込め詐欺による被害を一定の限度で回復するための法律で、金融機関が振り込め詐欺などによって資金が振り込まれた口座を凍結し、預金保険機構のホームページで口座名義人の権利を消滅させる公告手続を行った後、被害者からの支払申請を受け付け、被害回復分配金を支払うことなどを定めています。振り込め詐欺などの被害にあった場合、速やかに警察や振込先の金融機関に連絡・届出を行い、振り込んだ預金口座などの取引の停止を依頼してください。

被害に遭わないためには、何よりも「事実かどうかを確認する」ことが重要です。事実を確認すれば、それが詐欺であることに気づくはずです。すぐにお金を振り込むのではなく、自分の家族や親戚、警察などに必ず相談してください。

Q&A一覧

  1. 消費者被害にはどのようなものがありますか?
  2. 未成年の子どもが消費者被害に。契約を取り消すことはできないのでしょうか?
  3. 「クーリング・オフ」という言葉をよく聞きますが、どのような制度でしょうか?
  4. 強引な勧誘で契約を結ばされたのですが、取り消すことはできないのでしょうか?
  5. 訪問販売や電話勧誘販売で被害に遭ってしまいました。なんとかならないでしょうか?
  6. 訪問販売で被害に遭った場合、どのような対応が?契約を取り消すことができますか?
  7. 分割払で高額な商品を購入させられました。契約を取り消すことは可能でしょうか?
  8. 先物取引による被害に遭わないために、気をつけなければならないことは?
  9. 証券取引で被害に遭わないためには何に気をつけたらいいのでしょうか?
  10. 外国為替証拠金取引は被害に遭いやすいと聞きますが、どのようなものですか?
  11. 未公開株商法による被害が拡大しているそうですが、どのようなものですか?
  12. インターネットを利用する際、どんな点に気をつけるべきですか?
  13. 最近よく耳にする「リース契約」が関係する消費者被害もあるのでしょうか?
  14. 振り込め詐欺による被害に遭った場合、何らかの対応が可能でしょうか?
  15. クレジットカードの明細に利用した覚えのない取引が。カード情報を盗むスキミングでは?
  16. カードの盗難・偽造などで預金が引き出された場合、泣き寝入りするしか…?偽造などで預金が引き出された場合、泣き寝入りするしか…?
  17. 盗まれた通帳から預金が引き出されました。お金は返ってこないのでしょうか?