あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

カードの盗難・偽造などで預金が引き出された場合

消費者被害

Q.カードの盗難・偽造などで預金が引き出された場合、泣き寝入りするしか…?偽造などで預金が引き出された場合、泣き寝入りするしか…?
A.2006年に施行されたいわゆる「預金者保護法」によって、普段からカードや暗証番号の管理をしっかりと行っていれば、その損害は金融機関が負担し、預金者が負担を負うことはなくなりました。ただし、預金者に過失がある場合には必ずしも全額保護されるわけではありません。

まず、過失がない場合には、100%補償されます。

次に、軽い過失がある場合、偽造カードについては100%補償を受けることができますが、盗難カードについては75%の補償しか受けることができません。軽い過失のある場合とは、暗証番号を生年月日にしておりしかも生年月日が分かる書類と一緒にカードを保管していた場合などです。

預金者に重過失がある場合には、一切補償を受けることはできません。重過失のある場合とは、次のような場合です。

  • 1. 他人に暗証番号を知らせた
  • 2. 暗証番号をカードに書いた
  • 3. カードを安易に第三者に渡した

これらを踏まえ、次のような点には十分注意してください。

  • (1) 暗証番号は、生年月日や自宅・職場の電話などの分かりやすい番号を避ける。
  • (2) 他人に番号を教えない。
  • (3) 暗証番号をカードに書かない。
  • (4) カードを他人に渡さない。他人にカードが渡った原因が自分にあるような状況を作らない。
  • (5) 車の中に貴重品を置いたり、カードと免許証などを一緒に保管したりしない。
  • (6) 紛失・盗難を知ったら、即刻金融機関に届ける。

Q&A一覧

  1. 消費者被害にはどのようなものがありますか?
  2. 未成年の子どもが消費者被害に。契約を取り消すことはできないのでしょうか?
  3. 「クーリング・オフ」という言葉をよく聞きますが、どのような制度でしょうか?
  4. 強引な勧誘で契約を結ばされたのですが、取り消すことはできないのでしょうか?
  5. 訪問販売や電話勧誘販売で被害に遭ってしまいました。なんとかならないでしょうか?
  6. 訪問販売で被害に遭った場合、どのような対応が?契約を取り消すことができますか?
  7. 分割払で高額な商品を購入させられました。契約を取り消すことは可能でしょうか?
  8. 先物取引による被害に遭わないために、気をつけなければならないことは?
  9. 証券取引で被害に遭わないためには何に気をつけたらいいのでしょうか?
  10. 外国為替証拠金取引は被害に遭いやすいと聞きますが、どのようなものですか?
  11. 未公開株商法による被害が拡大しているそうですが、どのようなものですか?
  12. インターネットを利用する際、どんな点に気をつけるべきですか?
  13. 最近よく耳にする「リース契約」が関係する消費者被害もあるのでしょうか?
  14. 振り込め詐欺による被害に遭った場合、何らかの対応が可能でしょうか?
  15. クレジットカードの明細に利用した覚えのない取引が。カード情報を盗むスキミングでは?
  16. カードの盗難・偽造などで預金が引き出された場合、泣き寝入りするしか…?偽造などで預金が引き出された場合、泣き寝入りするしか…?
  17. 盗まれた通帳から預金が引き出されました。お金は返ってこないのでしょうか?