あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

強引な勧誘で契約を結ばされたのですが

消費者被害

Q.強引な勧誘で契約を結ばされたのですが、取り消すことはできないのでしょうか?
A.消費者契約法とは、「契約は守らなければならない」という民法上のルールを一定の場合に修正して消費者の保護を図る法律で、消費者と事業者との間で締結される契約を幅広く対象としています。「事業者」とは、法人その他の団体及び事業としてまたは事業のために契約する個人と定義されますので、すべての団体は「事業者」に当たり、その適用範囲は相当広いといえます。

消費者契約法は、契約を締結する過程での事業者の不適切な勧誘行為に対して消費者に契約の取り消しを認め、また、契約の条項のうち消費者に一方的に不利益な条項を無効としています。具体的な内容は次に挙げたとおりですが、例えば、「必ず値上がりします」と言われた場合は(1)の(ア)に、帰ってくれと言っても帰ってくれなかったという場合は(イ)に該当し、契約を取り消すことができます。また、不利な条項は、内容によっては(2)によって無効となる可能性があります。なお、取り消しは、取り消しうることを知った日から6カ月以内にしなければなりません。

(1) 契約締結過程での不適切な勧誘行為

  • 1. 消費者を誤認させる行為
  • 2. 重要事項に関する事実の不告知
  • 3. 将来の変動が不確実な事項についての断定的判断の提供……(ア)
  • 4. 重要事項に関する消費者の不利益事実の故意の不告知
  • 5. 消費者を困惑させる行為
  • 6. 住居、就業場所からの不退去による勧誘行為……(イ)
  • 7. 勧誘場所からの退去を阻害する勧誘行為

(2) 契約条項のうち、消費者に一方的に不利益な条項

  • 1. 損害賠償責任や瑕疵担保責任を完全に免除する条項
  • 2. 損害賠償の予定額を定める条項
  • 3. 解除に伴う損害賠償の予定が当該事業者に生ずべき平均的な損害額を超えるもの
  • 4. 金銭支払期日経過による遅延損害金の予定が年14.6%を超えるもの
  • 5. 信義則に反して消費者の利益を一方的に害する条項

Q&A一覧

  1. 消費者被害にはどのようなものがありますか?
  2. 未成年の子どもが消費者被害に。契約を取り消すことはできないのでしょうか?
  3. 「クーリング・オフ」という言葉をよく聞きますが、どのような制度でしょうか?
  4. 強引な勧誘で契約を結ばされたのですが、取り消すことはできないのでしょうか?
  5. 訪問販売や電話勧誘販売で被害に遭ってしまいました。なんとかならないでしょうか?
  6. 訪問販売で被害に遭った場合、どのような対応が?契約を取り消すことができますか?
  7. 分割払で高額な商品を購入させられました。契約を取り消すことは可能でしょうか?
  8. 先物取引による被害に遭わないために、気をつけなければならないことは?
  9. 証券取引で被害に遭わないためには何に気をつけたらいいのでしょうか?
  10. 外国為替証拠金取引は被害に遭いやすいと聞きますが、どのようなものですか?
  11. 未公開株商法による被害が拡大しているそうですが、どのようなものですか?
  12. インターネットを利用する際、どんな点に気をつけるべきですか?
  13. 最近よく耳にする「リース契約」が関係する消費者被害もあるのでしょうか?
  14. 振り込め詐欺による被害に遭った場合、何らかの対応が可能でしょうか?
  15. クレジットカードの明細に利用した覚えのない取引が。カード情報を盗むスキミングでは?
  16. カードの盗難・偽造などで預金が引き出された場合、泣き寝入りするしか…?偽造などで預金が引き出された場合、泣き寝入りするしか…?
  17. 盗まれた通帳から預金が引き出されました。お金は返ってこないのでしょうか?