あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

犯罪被害者から相談を受けています

刑事事件等

Q.犯罪被害者から相談を受けています。どのように接してアドバイスすればいいのでしょう?
A.犯罪被害者あるいはその遺族から相談を受けた場合には、まず被害者の心理に配慮した態度(犯罪被害者への理解と共感)をもって応対することが大切です。犯罪被害者は、怪我をする、性的被害に遭うといった犯罪そのものによる直接的な被害だけでなく、被害後に不安や恐怖を感じたり、自責の念を抱いたり、周囲に不信感をもったり、混乱して感情コントロールがうまくできなくなるなど、さまざまな苦しみに直面しています。こうした被害者の受ける精神的被害は、当事者でなければわからないところがあり、結果的に周囲の人々の態度がさらに傷つけることもあるので、こうした二次被害を避けるようにしなければなりません。

犯罪被害者やその遺族との相談に際しては、次のような点に配慮します。

  • (1) 被害者の話をじっくりと時間をかけて聞くという基本姿勢が大切です。被害者は、まず自分の話を聞いてもらい、自分の立場や気持ちを十分理解してほしいと思っているからです。
  • (2) 罪悪感を助長しないことです。「もし、あのときこうしていたらよかったのに」「どうして、そうしなかったのか」などの言い方はよくありません。
  • (3) 被害者を比較することは避けるべきです。「命が助かってよかった」「他にも同じような人はいる」「もっとひどい人もいるから、あなたはまだまし」などと言うべきでありません。
  • (4) 安易な共感や励ますはかえって反感を買うことになります。「お気持ちはよく分かります」「大丈夫、よくなりますよ」「早く忘れることです」「早く元気を出してください」などは避けるべきです。

単独で相談に乗り続けるのではなく、できるだけ犯罪被害者の抱えた問題に詳しい弁護士などの専門家、専門機関に連絡をとり、連携することが重要です。被害者の権利は、ようやく法的な整備がされてきましたが、二次被害を生まないようにするためには、相談を受けた際は、これらを常に念頭においてアドバイスしてください。

Q&A一覧

  1. 息子が警察に逮捕されました。今後、どうなるのでしょうか?
  2. 逮捕された息子が引き続き勾留されました。どんな取扱をされるのでしょうか?
  3. 逮捕・勾留された息子に弁護人を付けた方がよいのでしょうか?
  4. 「当番弁護士」とは、どのような制度でしょうか?
  5. 当番弁護士に接見してもらった後、どのような手続きをすればよいのでしょうか?
  6. 弁護人を付けたくても、弁護人を雇うお金がありません。どうしたらよいでしょうか?
  7. 息子が起訴されました。釈放されないのでしょうか?
  8. 息子の保釈を請求したら、釈放されるのでしょうか?
  9. 刑事裁判(公判)は、どのように行われるのでしょうか?
  10. 「公判前整理手続」とは、どのようなものですか?
  11. 未成年の息子が逮捕されました。今後、どうなるのでしょうか?
  12. 息子が家庭裁判所から受けた「観護措置」とはどのようなものですか?
  13. 未成年者の息子が家庭裁判所から受けた「保護処分」とは、どのようなものですか?
  14. 弁護人・付添人は、どんなことをしてくれるのですか?
  15. 犯罪被害者から相談を受けています。どのように接してアドバイスすればいいのでしょう?
  16. 犯罪の加害者は、どのような責任を負うのでしょうか?
  17. 告訴・被害届は、いつ、どのようにして行えばよいのでしょうか?
  18. 犯罪被害者は、どのようにして刑事事件の進行を知ることができるのでしょうか?
  19. 加害者が少年の場合、犯罪被害者の立場はどのように配慮されているのですか?
  20. 裁判で、犯罪被害者が自分の心情や意見を述べる際、どんな配慮がなされていますか?
  21. 犯罪被害者が加害者の刑事裁判に積極的に関与する方法はありますか?
  22. 犯罪被害者が被害の回復や弁償を求めるために、どのような制度がありますか?
  23. 裁判員裁判が実施されていますが、この制度の意義や概要は…?
  24. 裁判員は、どのようにして選ばれるのでしょうか?
  25. 裁判員に選ばれた場合の職務内容と心構えは?