弁護士紹介

大島 麻子

おおしま あさこ
生年
1968(昭和43)
学歴
一橋大学社会学部卒業
弁護士登録年度
2002(平成14)
現職
日本弁護士連合会総合法律支援本部事務局員
近畿弁護士会連合会男女共同参画推進連絡協議会委員
京都弁護士会日本司法支援センター委員会副委員長
京都弁護士会男女共同参画推進本部委員
京都弁護士会両性の平等に関する委員会委員
過去の主な役職
京都弁護士会両性の平等に関する委員会委員長(2016年度・2017年度)
京都府配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護・自立支援に関する計画(第3次)の改定に係る意見聴取会議委員(2018年度)

弁護士からのメッセージ

大学で社会教育学を学び、約6年間生活協同組合で勤務した後、人権に関わる仕事がしたい、特に労働者の権利を擁護したいという思いから弁護士となりました。弁護士となってから、出産や、通算2年半に及ぶ2回のイギリスでの生活を体験しました。

弁護士としては、かなりの回り道・寄り道をしていますが、様々な生活体験があるおかげで、柔軟に考えることができるようになったと思います。特に、異なる文化の中で、慣れない外国語を使って生活したことは、貴重な経験となっています。

弁護士が扱う事件はひとつとして同じものはありません。また、専門的な法律用語や知識をあてはめるだけで、正解にたどりつけるものでもありません。当事者の話をよく聞いて理解し、納得のいく解決をめざすことを心がけています。

最新のご挨拶

担当した主な事件

角先生過労自殺事件

執筆した文章等

イギリス滞在に関するエッセイ等