あなたのために全力で 暮らしと人権を守って48年 京都最大の法律事務所(弁護士19人、事務スタッフ25人) 法律でお悩みの方はお気軽にご相談ください。0120-454-489

弁護士紹介

糸瀬 美保糸瀬 美保
いとせ みほ
弁護士登録年度2002(平成14)年
干支亥年

取扱業務

一般民事、家事(離婚・相続・遺産分割・遺言)、消費者被害、雇用・労働問題、労災・過労死問題、セクハラ・パワハラ、交通事故・損害賠償請求・医療過誤、債務整理・過払い金取り戻し・破産・個人再生、不動産取引、契約書作成など

資格・略歴・所属団体

  • 2002(平成14)年10月 京都第一法律事務所入所
  • 2007(平成19)年4月~ 京都市感染症診査協議会委員
  • 2008(平成20)年12月~ 京都市消費生活審議会委員
  • 2011(平成23)年4月 京都弁護士会両性の平等に関する委員会委員長
  • 2011(平成23)年6月~ 日本弁護士連合会両性の平等に関する委員会委員
  • 2011(平成23)年11月~ 京都地方労働審議会家内労働部会委員
  • 2012(平成24)年6月~ 日本弁護士連合会労働法制委員会委員
  • 2014(平成26)年6月 日本弁護士連合会両性の平等に関する委員会第一部会部会長
  • 自由法曹団・日本労働弁護団・過労死弁護団・青年法律家協会

弁護士からのメッセージ

長崎の離島(対馬)に生まれ、中学時代までを対馬、高校時代を長崎市、大学時代を岡山市で過ごしましたが、京都の街が大好きで、人生に占める割合は京都での生活が最も長くなりました。

弁護士登録以来、両性の平等、特に女性の権利に関わる活動に取り組んでいます。日常的には、離婚、男女問題、DV、セクハラ事件の他、パートや派遣、有期雇用など非正規労働者の多数を占める女性の職場での労働問題を通じて、女性の権利を守りたいと思っています。1986年に男女雇用機会均等法が施行されましたが、現在女性雇用労働者のうち、非正規労働者の占める割合は5割を大きく超えています。そのため男女の賃金格差は改善せず、正社員でも女性の賃金は男性の7割程度です。また、女性労働者の出産・育児・介護などの家族責任との両立の困難も克服されていません。

過労死を産む超長時間労働が蔓延する中で、職場のストレスなどから精神疾患となる方の相談も増えています。

女性も男性も人間らしく働くことができる社会を目指して、事件活動の他、法律改正を求めたり、法改悪に反対する活動にも取り組んでいます。

歴史を変える

2010年6月11日に確定した労災後遺障害等級の男女差別に対する違憲判決は、まさに両性の平等を定めた憲法14条違反を問うものでした。この事件は、外貌の醜状について女性よりも男性を低く評価することが違憲とされましたが、その背景には、女性を外見や顔で評価したり、男性に対しては「顔を気にするのは男らしくない」という考え方を押しつけたりするように、性別による歴史的・社会的な差別意識があります。判決のより、障害等級表は男女平等の方向に見直されることになりました。長年放置されてきた法令による性差別を解消することに貢献出来たことに感動しました。
(2011年2月1日より、男女の差別のない新しい労災障害等級表が施行されました。「弁護士コラム・2011年3月」

最新のご挨拶

主な事件・活動紹介

民事事件

  • 敷金保証金返還など借地借家問題(賃料、明け渡し等)、過払金返還請求、債務整理(自己破産・個人再生・任意整理)、悪質訪問販売・過量販売・詐欺的商法等の消費者被害、ヤミ金被害、など、消費者事件にも力を入れています(10年間京都弁護士会消費者保護委員会に所属)
    【特定商取引・割賦販売法改正(京都第一情報BOX 2010年6月)】
  • 交通事故(示談交渉・自賠責請求・損害賠償請求訴訟)、医療過誤、主に被害者の救済のために活動しています(名古屋医療事故情報センター正会員)。
  • 男女トラブルや性暴力に関連する相談を数多く受け、被害救済に努めています。

家事事件

  • 離婚・男女関係に関連する事件(調停・訴訟、婚姻費用分担、親権、養育費、認知請求、面会交流など)、DV保護命令申立などはライフワークだと思っています。
  • 相続に関連するトラブル防止と解決(遺言書作成・執行、遺産分割協議・調停・審判、遺留分減殺請求など)・財産管理・成年後見
    【離婚と年金分割制度(まきえや・2007春)】
  • 高齢者の財産管理・任意後見・成年後見

労働事件

  • 解雇無効(仮処分・訴訟・労働審判)、賃金・残業代未払
  • 労働災害・公務災害(認定申請・審査請求・損害賠償請求など)
  • 職場のセクハラ・パワハラ
  • 担当した主な労働事件→教職員超過勤務訴訟、東條労災審査請求事件(障害児学級担当の小学校教諭の過労死事件)、明治屋岩田労災事件(若者の過労死事件)、セクハラによる労災(精神疾患)の業務上認定、城陽市嘱託職員雇止事件、育児休暇取得後職場復帰を拒まれたマタニティハラスメント事件で勝利的和解、トレーダー愛事件

社会的事件・大型訴訟

執筆した論文など

趣味など

とにかく、お着物が大好き。これまでにかじった趣味も茶道(裏千家)、お茶花、三味線、日舞(藤間流)、着付け、和裁、と和服に関連するものばかりでしたが、最近はいずれもお休み中。機会を見つけてお着物を着るようにだけは心がけています。

本来インドア派ですが、仕事の合間にスポーツジムに通い、ヨガやピラティス、太極拳、エアロビで体を動かし、仕事でこりこりになった頭と体をリフレッシュしています。そして、どんなに疲れていても、愛犬(柴犬)の散歩は日課(というか義務)です。4年ほど前にスポーツタイプの自転車(ロードバイク)を入手し(愛車はスペシャライズドのドルチェ)、たまに長距離のサイクリングにも挑戦しています。